読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AppVeyorのSQL ServerにJDBC Driverで接続する

Scala AppVeyor Java

備忘録です。 簡単な経緯は以下の通り。

rpscala でそういう話題があったのに関連して、 AppVeyor で頑張れないかを xuwei さんのコードを引き継いで試してみました。

参考資料

だいたいこの辺りを情報を AppVeyor で実行できるようにしていきます。

設定やスクリプト

説明が面倒なので結論だけはります。 設定値やプロジェクト名もそのままになっているので、適宜読み替えてください。 また、今回の内容と直接関係のない部分は削っています。

あと、sbtはリポジトリに同梱しているパターンで試しているので、同梱したくない場合はsbtをダウンロードする必要もあります。

# appveyor.yml
services: mssql2014
build_script:
- netsh advfirewall firewall add rule name="jdbc driver for sql server udp" dir=in action=allow protocol=UDP localport=1434
- sc config sqlbrowser start= auto
- net start sqlbrowser
- ps: Set-ExecutionPolicy RemoteSigned
- ps: .\Setting-SqlServer.ps1
- net stop "SQL Server (SQL2014)"
- net start "SQL Server (SQL2014)"
- netsh advfirewall firewall add rule name="jdbc driver for sql server tcp" dir=in action=allow protocol=TCP localport=1433
- sqlcmd -S ".\SQL2014" -U sa -P Password12! -Q "create database scalikejdbc;"
- del scalikejdbc-core\src\test\resources\jdbc.properties
- move scalikejdbc-core\src\test\resources\jdbc_sqlserver.properties scalikejdbc-core\src\test\resources\jdbc.properties
- ps: wget http://download.microsoft.com/download/0/2/A/02AAE597-3865-456C-AE7F-613F99F850A8/sqljdbc_4.1.5605.100_enu.tar.gz -OutFile "sqljdbc.tar.gz"
- 7z x -y -oC:\projects\scalikejdbc\ sqljdbc.tar.gz
- 7z x -y -oC:\projects\scalikejdbc\ sqljdbc.tar
- ps: mkdir .\scalikejdbc-core\lib
- ps: cp .\sqljdbc_4.1\enu\sqljdbc41.jar .\scalikejdbc-core\lib\
// Setting-SqlServer.ps1

// バージョンに合わせて ComputerManagementの値を差し替える
// SQL Server 2008 -> ComputerManagement10
// SQL Server 2012 -> ComputerManagement11
Get-WmiObject -Namespace root\Microsoft\SqlServer\ComputerManagement12 -Class ServerNetworkProtocol |
  Where-Object {$_.InstanceName -eq 'SQL2014' -and $_.ProtocolName -eq 'Tcp'} |
  ForEach-Object {$_.SetEnable()}

$tcpProperties =
  Get-WmiObject -Namespace root\Microsoft\SqlServer\ComputerManagement12 -Class ServerNetworkProtocolProperty |
    Where-Object {$_.InstanceName -eq 'SQL2014' -and $_.ProtocolName -eq 'Tcp' -and $_.IPAddressName -eq 'IPAll'}

foreach( $tcpProperty in $tcpProperties ){
  $requestedValue = ""
  if($tcpProperty.PropertyName -eq "TcpPort"){
    $requestedValue = "1433"
  }
  $tcpProperty.SetStringValue($requestedValue)
}

SQL Server 2014 Espressで試していますが、たぶん SQL Server 2008あたりまでは普通に動きそうな気がします。

重要なところ?

SQLServer用のjarを同梱するのはライセンス的につらい感じがしたので、PowerShell 3.0から使える wget エイリアスコマンドを使ってダウンロードし、AppVeyor にインストールされている 7Zip で解凍するのがミソです。

あと、各種設定をして再起動する前にデータベースを作成してもログイン権限がなくてテーブルにアクセスできないかも?

まとめ

今回はsbtで作業しましたが、gradleでもできるのではないでしょうか。

懸念事項は、AppVeyorの実行速度が遅いことと、mysqlやpotgresql前提で書かれたSQLSQL Serverで通らないことがまれによくあることです。