読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Scala.jsに対応したscodec-msgpackをリリースしました

この記事は予約投稿です。

id:xuwei さんが ささっと作業してくださったのでリリースしました。

https://github.com/pocketberserker/scodec-msgpack/tree/v0.4.1

v0.4.0はプロジェクトの設定ミスにより空のjarが降って来るだけなのでスルーしてください…。

なんでscala-jsに対応できたのか

  • shapeless は Scala.js をサポートしている
  • scodec-bits も Scala.js をサポートしている
  • 依存している二つのライブラリが Scala.js をサポートしたので、 scodec-core も v1.8.3 から Scala.js をサポート開始
  • scodec-msgpack は scodec-core のみに依存する、かつそんなに変なことはしていない
  • よってプロジェクト設定とテスト部分のみコストをかければ問題なく対応可能

といった形です。 shapeless が Scala.js をサポートしているのはなんというか、すごいですね。 マクロ的とか楽に対応できるものなのだろうか…?

TypeClassを使うようにした

ライブラリを作っておいてアレですが、私自身がscodec-msgpackを使っているというわけではないのでテキトーでいいかなと思ってメンテナンスをさぼり気味でした。

しかし、下記issueがきたので

Make primitive `Serialize`s implicit · Issue #8 · pocketberserker/scodec-msgpack · GitHub

重い腰をあげてimplicitな形式に変更しました。 変更ついでにshapeless.TypeClassも使うようにしたのでそれなりに自動生成できます。 インスタンス増やさないといけないのは…ぼちぼちやろうと思います。

その他

  • Extended -> Extensionにリネーム(破壊的変更なのでついでにやった的な)
  • FastOptJsでメモリをドカ食いするのでsbtoptsのmemをちゃんと設定しないとテストでstackoverflowします
  • Scala.jsのプロジェクト設定、特にクロスビルド設定をやったことがなかったのでちょっとしたところではまって難しい…
  • 次にメジャーバージョンにあげるあたりで1.0.0にすると思います