読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スコープやオフサイドルール小話

この記事は F# Advent Calendar 2014 の28日目の記事です。 引き続きガス欠気味なので小ネタで。

module Hoge =

  let hoge =
    // lazy もオフサイドルールの対象である
    lazy
      let a = 1
      a + 1

  do
    // スコープが異なるので定義できる
    let hoge = 1

    let mutable x = 0
    
    x <-
      printfn "test"
      1

    // これは無理
    // x <- printfn "test"
    //   1

  // 変数 x は上記 do 束縛のスコープ内のみ有効なので、以下のコードはコンパイルエラー
  // let fuga = x

ところで、 domsdn さん曰く do束縛らしい。

気になったので F# Specification 3.0 を検索したら 8.13.2 にのみ "do bindings" という記述が見つかった。 "let bindings"も同じセクションでしか見つからなかったので、仕様書では bindings という単語をつかわない模様。 モジュール内での do に関しては 10.2.5 で "do statements" と記載されている。