読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの時を振り返る

その他

ふと、 初回TDDBC名古屋 が開催されてから5年が経過したことに気がついた。

あの時はブログをやっていなかったので感想記事を書けなかったが、良い機会だし、感傷に浸りたい年頃になってしまったので、駄文(になるだろう)を書いてみる。

なお、これを読んでも得られるものはないだろう。

参加したきっかけ

あれは大学4年になるかならないかという時期、指導教員の [twitter:mikantsuki] と相談してTDDに関連する研究にしようと決まった時のこと。

「そういえば、TDDに関する勉強会が北陸であったらしいんだけど、それが次は名古屋で開催されるみたいだね。 遠いから無理かもしれないけれど、行けるなら参加したら?」

勉強会という存在を始めて知った瞬間である。 きっと良い経験になるだろうと思ったので、行く決意を固める。

今考えると、よく思い切ったものだ。

登録した時期

応募がはじまったよ、と教えてもらったので早速登録しようとする。

twitterアカウントを持っているなら記載してもらえると嬉しい、とある。 持っていなかったので作った。

その頃に研究でデータがほしいから「データ取りに協力していただけると〜」みたいなことをつぶやいた記憶がある。 若干黒歴史だが…。

ちなみに id:t-wada さんのtwitterアカウントを始めてみた時の感想は「サッカー好きなのだなー」。 その頃はちょうどW杯が始まるくらい時期だったので、たぶんそれ系のつぶやきが目に入ったのだろう。

id:bleis-tift さんは、もっと年上な人を想像していた。

初日

ここからはちょっと長くなるかもしれない(後書き:そんなに長くならなかった)。

会場到着あたりまで

初名古屋。 若干迷いながら会場に到着する。

会場の1Fにそれらしき人々を見つけるも、怖くてしゃべりかけることができない。 黙々と開場まで待つ。 (どうでもいいが、この時の愛機はIS01だった)

初勉強会なので勝手がわからず、てきとーに空いてる席に座る。

午前

飛び交っている単語がわからないものばかりだ。

OCaml?なんだそれは?*1

不安が募る。 ただ、タイミングよくイベントが開始されたので講演に集中する。

「なるほど、そういうことか」とか「ここはみかままが講義で言ってた気がする」 とか思ったりなどしていた。

ペアプロデモはRubyでわからないところがでてきたりしたのでその場で調べていたりした気がする。

ペアプロ

お昼ご飯を食べ、ペアプロ前半。 お題が講義の課題とにていたためその時の記憶に引っ張られてしまったなーと反省した記憶がある。

ペアプロ後半。 Mock の存在を知ったのはこの時だ。

お題が進み、時刻の概念が現れた時にペアの方が「これはMockを使うべきなのかな」と言ったのだ。

初めて聞く単語だったので、何をしていいか全然わからない。 わからないから、「わからないので、使い方を見せてください」とペアプロを放棄してお願いした。 ペアプロ体験が目的のイベントでこれを言っていいのかと迷ったが、興味の方が勝った。

レビューあたり

このあたりで、自分の力のなさに絶望していた。 あのくらいプログラミングできないと就職してから仕事できないのか…みたいな。

懇親会

知らない人ばかりだったため、なかなか話しかけることができずわりとぼっちになってたところ、bleisさんやt-wadaさん、kokubo_yusukeさんが話しかけてくださった。 これがなければ気分が沈みっぱなしだったと思う。 喋っているうちに心が軽くなる。

懇親会後は会場に戻ってnagiseさんのGenerics談義をきいていた。 この話もとても面白かった。

デモ用にレガシーコードを提供したのはこの辺りだ。 bleisさんとt-wadaさんがデモ用のちょうど良いサイズのコードがなくて困っているという話をしていた。 ここで自分のPCに使えそうなコードがあることに気づき、懇親会で話掛けてくださったことへのせめてもの感謝の気持ちとして、恥を捨ててコード提供を提案した。

なお件のレガシーコードは、現在はデモ用として一部構成をいじった上でGitHub上で公開されている。コードに関してはそのままなので、レガシーコード改善の練習として触ってみるのも一興かもしれない。

tddbc/LegacyCodeJava · GitHub

しかしひどいな、これ。 今ならparser combinatorで一発事案だ…制約がある中で書いたコードとはいえ、これはひどい

余談だが、もともとこのコードにはテストコードが存在していた。 探せばでてくるかもしれないが、JUnit3で書いていたし古傷をえぐるだけだろうと思い掘り返さないでいる。

宿泊部屋

修学旅行みたいに何人かで集まってワイワイコード書いてた。 この時に何名かの方が研究データ取りに協力してくださった。

2日目

寝たら気分すっきり、気力が回復する。

朝食の席ではコンパイラについておしゃべりしていた記憶がある。 そして赤味噌うみゃー。

講演とデモ

講演とデモ。 デモでコードがどんどん改善されていくのはとても勉強になった。

昼食はうどん・そば・ごはんという謎コンボ。

グリーンバンドの話が持ち上がっていたのはこの時だっただろうか。 購入者を募っていたが、私は距離が距離だったためさすがになと思って購入を控えた。 …正直言うとちょっと後悔した。

午後

最初は苦戦しつつ、途中から慣れてきてテストを差し込んだりあれこれ相談したりしていた気がする。

ところで、作業中にきがついたことの一つに、OCamlScalaでコードを書いていた方々が感動するくらい良い笑顔だったというのがある((一番記憶に残っているあの顔はきっとmzpさんだ))。 関数型言語=大学で習ったけどよくわからなかったし怖い*2、と思っていた私にはわりと衝撃的だった。 この衝撃が、今の私を形成するに至った要因の一つである。

レビューの際もわからない単語だらけだったが、この時は開き直っていた。 「自分のレベルの低さに絶望したことなら前にもあるじゃん。メモして今から調べてやればいいんだよ」みたいな。 厨二病全開だったりもした。「絶望は人を次のステージへと昇華させる…」

帰りは時間の都合があったため、ささっと退散。

帰り

t-wadaさんの言葉が脳内でリフレイン。

『TDDBC は「やりたい」と手をあげれば始められるイベントです。』

この濃度のものは、今はおそらくこのイベントを開催しなければ体験できない。 彼らを巻き込みたい。 私より数段できる彼らなら、きっとそれを糧にするだろうから。

気がついたらtwitterで「佐賀でもやりたいなー」と書き込んでいた。

そして新幹線内で爆睡し、特急電車に乗り換えてさらに爆睡し、帰宅後は熟睡した。

振り返って

思い出しながら書いていたら「若かったなー」と思ってしまうあたり、おっさん度が上がっている。

得たことはたくさんあるが、

  • 知らなかったことを後悔するよりさっさと調べる
  • やりたいと思ったらやれ
  • 動いていれば何かにつながる

あたりは特に今も自分の生活や勉強会開催のモチベーションにつながっている。

ありがとう、かつての私。 あの時参加していなければ、絶望していなければ、ここには居ないし今も技術に対して足掻いていることはなかっだろう。

*1:当時はまだ存在を知らなかった

*2:今となっては食わず嫌いなだけだったと反省するばかりだ